山口小児クリニック


診療案内

通常一般診療について

・小児科専門医として、急性の発熱性疾患や各種感染症、皮膚疾患、呼吸器・アレルギー疾患、お子さんによくある慢性の病気(夜尿症や便秘症、繰り返す頭痛や腹痛、大きないびきや睡眠時無呼吸)に対応します

・小児期以降の高校生や成人したお子さん、御家族の診療もファミリードクターとして対応します。もちろん各科専門診療が必要な際は地域連携医療機関に紹介いたします。

予防接種と乳児健診

・当院は生後2ヶ月から始まる定期予防接種を行います。

・定期接種でないが接種が望ましいおたふくかぜワクチンや小学校入学前の百日咳ワクチン接種を任意で行っております。

・留学や旅行時のトラベルワクチンについてもご相談ください

呼吸器アレルギー疾患の診療について

・お子さんは風邪やアレルギーで咳が長引いたりゼーゼーすることが多いです。 乳幼児喘息やアレルギー性の気管支喘息、副鼻腔炎・気管支炎症候群といった急性慢性の呼吸器疾患を診療します。診療には肺機能検査や血液アレルギー検査を行います。

・食物アレルギー:年齢やアレルゲン食物を考慮のうえ安全性に留意し、少量づつ食べられる指導をしております。
 ※ 診療時間内にクリニック内での食物負荷試験も予約制で行います

・花粉症と舌下免疫療法:ダニおよびスギアレルゲンによるアレルギー性鼻炎・花粉症に対してアレルゲン舌下免疫療法も行っております

・皮膚アトピー性皮膚炎:適切なスキンケア療法や指導を行っております。

・アレルギー専門医として成人のアレルギー疾患にも対応しております

お子さんによくある慢性の病気について

・夜尿症:小学校入学前後になり夜尿は生活指導やお薬で対応いたします。

・昼間遺尿:昼間にトイレが間に合わなくて漏らしてしまう方はご相談ください

・便秘:便が出ない・出しにくい、便が硬いのか泣いてしまう、ような方はご相談ください

・腹痛や頭痛:繰り返して朝起きれない、学校に行きにくい、日常生活に影響する腹痛・頭痛でお困りの場合にご相談ください。
また、学校生活や学習面でお困りの点があるお子さんの診療も行い、専門医療機関への紹介対応などを行います。

・いびきや無呼吸が気になる睡眠時無呼吸症候群が疑われる方に、簡易検査を含む診療を行っております。

子どものメンタル相談・支援外来の御案内

・わが国では、約18万件のいじめ、それと同数の不登校、約70万人のひきこもりがいるといわれています。
その中には、人知れず悩んでいる本人や家族も多く、その悩みをどこに相談したらいいのかわからないといった声もしばしば聞かれます。また、このような悩みを抱える子どもは、抑うつ、不安、イライラ、不眠、腹痛や頭痛といった身体症状を呈していることが多いため、早期から専門的なアドバイスや医療の支援をすることで、これらの症状を軽減することや症状の悪化を予防することができます。

・そこで月2回メンタルヘルスの専門医師による「子どものメンタル相談・支援外来」を開設しております。
いじめ、不登校、ひきこもり、家庭内暴力などで悩んでいる方、抑うつ、不安、イライラ、不眠、腹痛や頭痛といった身体症状などでお困りの方に対して、専門医師が診察し、適切な治療や環境調整、専門機関への紹介、利用できる支援サービスなどのアドバイスをさせていただきます。

・下記のようなことでお悩みになっているお子さまやご家族は、ひとりで抱え込まずにぜひ一度ご相談ください。

・いじめや不登校で困っている
・腹痛や頭痛など身体の症状が出ている
・憂うつ、不安、イライラ感などが続いている
・食欲がなくなった、眠れなくなったと感じている
・自分を傷つけてしまうことや家庭内暴力で悩んでいる
・周囲の目が気になる、音に敏感になった・・・など

・※すでに「発達障害」「知的障害」「精神疾患」と診断されている方や、専門機関(精神科、心療内科)に通院している方は対象外となります。

訪問診療について

・医療的ケアが必要なお子さん、成人なさった方(医療的ケア児者)への訪問診療を行っております。

・医療的ケア児者は、生きていくために以下のような医療サポートを必要となさっている方々です。

1. 呼吸を維持するため気管切開や在宅酸素療法・人工呼吸療法をなさっている方
2. 栄養摂取のため経鼻胃管・胃瘻、中止静脈栄養を行っている方
3. その他、各種の医療的デバイスを用いて生活している方